Top

病児保育とは

単に子どもが病気のときに
保護者に代わって子どもの世話をすることを
意味しているわけではありません。
病気にかかっている子どもに
子どもにとって最も重要な発達の
ニーズを満たしてあげるために
専門家集団(保育士・看護師・医師・栄養士等)によって
保育と看護を行い
子どもの健康と幸福を守るために
あらゆる世話をすることをいいます。

会長挨拶

病児保育協議会からのお知らせ

協議会ニュースのページを更新しました
加盟施設を更新しました
COVID-19流行下の病児保育運営に関するアンケート
令和3年度「児童福祉週間」標語の募集について
スマホ時代の子育て~悩める保護者のためのQ&A~(幼児・児童編)

病児保育の概念

病児保育とは、 単に子どもが病気のときに、 保護者に代わって子どもの世話をすることを意味しているわけではありません。 本来子どもは、 健康なときはもとより、 病気のときであっても、 あるいは病気のときにはより一層、 身体的にも精神的にも、 そして社会経済的、 教育・倫理・宗教的にも、 子どもにとって最も重要な発達のニーズを満たされるべくケアされなければならないのです。 つまり、 健康であっても病気のときであっても、 子どものトータル・ケアが保障されることが、 子どもの権利条約においても摘されているところです。

このように、 病児保育というのは、 病気にかかっている子どもにこれらすべてのニーズを満たしてあげるために、 専門家集団 〔保育士、 看護婦 (士)、 栄養士、 医師等〕 によって保育と看護を行い、 子どもの健康と幸福を守るためにあらゆる世話をすることをいいます。

病児保育事業は、 国の施策としては病児デイケアパイロット事業にはじまり、 病後児デイケア・モデル事業をへて、 平成7年度から市町村補助事業として 「乳幼児健康支援デイサービス事業」、 そして翌年事業名が再度変更され、 「乳幼児健康支援一時預かり事業」 として全国各地で展開されています。 このように病児保育事業の名称は、 国による制度の変遷とともに変わり、 ともするとその理解に混乱を生じている可能性があります。

「病児保育」 という場合には、 先に示した通りに広義に解釈して欲しいと思います。 すなわち、 基本的には母親の就労の有無に関わらず、 子どもの自宅療養はもとより、 病児保育室におけるケア、 そして入院治療を受けている子ども達の生活援助の総てを対象として考えるべきものと思います。 その意味では、 小児病棟における保育士たちによる病児への援助も、 広義の病児保育といえます。 しかし、 一般的に病児保育というと、 母親が就労等のために、 保育所に通っている子どもが病気をした際に、 親の就労の継続性を確保するために、 一時的に病児の世話をする狭義の保育を意味しているのが現状です。

当初の、 国の施策による 「病後児デイケア」 は、 保育所に通所している病気の回復期にある子どもが、 保育所における集団生活にはまだ適さない場合を対象に、 育児と就労の両立支援を目的としたものでありました。 その後、 「乳幼児健康支援デイサービス」 「乳幼児健康支援一時預かり事業」 に変遷したわけですが、 この名称の変更は、 基本的には 「病後児デイケア」 と同義ですが、 保育所に通園している子どものみならず、 在宅の乳幼児が病気をしたときにも利用できるように対象が拡大されているのが特徴で、 “乳幼児健康支援”という名称もこの意味でつけられたものです。

機関誌「病児保育研究」

全国病児保育協議会結成20周年を記念して、病児保育に関する研究および実践報告等を集積して次世代に繋ぐための機関誌「病児保育研究」を創刊することになりました。

機関誌について詳しく知る

協議会ニュース

認定病児保育専門士について

病児保育専門士は、病児・病後児保育室に勤務する保育士・看護師を対象とし、病児保育の専門性を高め、さらに家庭での看護方法などの研鑽を積み、家庭での家庭看護へつなぐことにより、病児保育を通して究極の子育て支援を行うことのできる保育士・看護師のこととします。

一般社団法人全国病児保育協議会(以下(一社)全国病児保育協議会)は、上記の病児保育専門士(保育士)(看護師)(以下、病児保育専門士)を育成するために、保育士・看護師に対する専門的な研修制度を確立し、一定の水準に達した場合、一般社団法人 全国病児保育協議会 認定病児保育専門士として認定します。

病児保育専門士について詳しく知る

加盟施設

全国にある全国病児保育協議会加盟施設をご紹介します。
ご利用にあたって、詳細は各施設へお問い合わせください。

加盟施設一覧

加盟施設の皆様へお願い

数年前より会社等団体での加盟登録が増加してまいりました。
当協議会では「1団体1施設の登録」と平成26年3月21日の理事会におきまして決定いたしましたので、数か所の施設をお持ちの団体は「1施設を登録施設」とし、その他の施設は改めて施設会員になっていただくか、個人会員としての登録をお願いいたします。

加盟施設向け申請書

入会のご案内

全国病児保育協議会は、病児保育事業の健全な発展、向上を期するため、全国的な連携を行うとともに、事業に関する協議・調査研究・広報並びに事業従事者の研鑽等をはかることを目的とします。

入会手続き

協議会発行書籍

病児保育協議会が発行しております各種テキスト(事例から考える安全対策ハンドブック・改定 基礎研修テキスト・病児保育室の事故防止ガイドライン・病児保育感染症ガイドライン・病児保育マニュアル vol.1, vol.2)は以下の申込書で購入できます。

発行書籍について詳しく知る

お問合せ

全国病児保育協議会へのご要望・ご意見などがありましたら、フォームにて受付させていただいております。
入力していただいた個人情報につきましては、折り返しのご連絡にのみ使用させていただきます。

問い合わせフォーム

タイトルとURLをコピーしました