2024年度病児病後児保育室の実態調査および 2023年度実績調査の締め切り延長のお知らせ

全国病児保育協議会会長 杉野茂人
同調査研究委員会委員長 荒井宏治

現在、2023年度の協議会加盟施設における病児・病後児保育の実績調査を受け付けており、締め切りを7月13日としていましたが、7月9日時点での回答施設が協議会加盟施設の実績調査が32%、実態調査は18%回収率が極めて低い状況です。このままでは病児保育の実績や実態を正確に解析することができません。そこで調査の期間を令和6年8月15日まで延長することにしました。

ご多忙と思いますが、何卒アンケートにご回答をいただけるようにお願いしたします。尚、すでに様々なお問い合わせをいただき、設問等の修正をしています。お手数ですが、協議会ホームページ(https://byoujihoiku.net)から2023年度実績調査は直接のウェブ入力で、2024年度実態調査は最新のアンケート用紙および最新の回答エクセルをダウンロードしてそのエクセルに回答して、メール(mims2024@kthree.co.jp)に添付送付をお願いします。